Loading...
2014年7月1日火曜日

KAT-TUN come here 座席表(東京国際フォーラム/大阪/横浜アリーナ)

スポンサードリンク


7月8日(火)の東京国際フォーラムで初日を迎えるKAT-TUN
のライブツアー2014 come Hereまで、残り1週間となりましたね!

本日はグッズ一覧も発表されて、今すぐにでも東京国際フォーラムに
駆けつけたいハイフンも多いんじゃないでしょうか(*´∀`)

KAT-TUN グッズ@2014 come Hereコンの画像まとめ 販売時間と売り切れ予想も

参戦を決められた方にとって最も気になるのが座席表ですよね。

自分の座席は度の位置なのか?
どれぐらいの距離でKAT-TUNのメンバーが見られるのか?

参考になりそうな情報を調べてみました。




まずcome Here魂の初日の会場となるのが東京国際フォーラムです。

他の会場と比べて馴染みのない方も多いんじゃないでしょうか。

それもそのはず東京国際フォーラム(ホールA)の最大収容人数は
5012人です。

KAT-TUNクラスの集客力だったら規模の小さい会場ですよね。

しかし、この東京国際フォーラムから始めるのには意味があります。

東京国際フォーラムはKAT-TUNのデビューの地なんです。

2013年にはグループ内でゴタゴタがいろいろあったKAT-TUNでしたが、
2014年に改めて新生KAT-TUNとしてスタートするために、今回の
ツアーの初日の会場として東京国際フォーラムが選ばれました。


東京国際フォーラムは多少座席が特殊ですので、もしかしたら
ステージ構成も特別なものが用意されているかもしれないですね。

東京国際フォーラム ホールAの座席表


(出典:東京国際フォーラム ホールAの座席表


まずは東京国際フォーラムのチケットにある座席番号を確認しましょう。



 ◯階 R△扉 □列 ◎番
と書いてあるはずです。

東京国際フォーラムを小さい箱と言いましたが、実はホールとしては
関東最大級です。

2階の最後列は武道館の最後列より遠くなります。

扇型の形をしていて後ろの列のほど座席数が多いです。

1列目の22番~44番が最前列の超神席ですね。

東京国際フォーラムの座席表情報には各座席からの見た目が
書いてありますので、そちらと照合すると自分の席からの
見た目が把握できますね。

東京国際フォーラムにはアリーナはありませんので、
予習はこれぐらいで十分でしょう。

大阪国際会議場 グランキューブ大阪の座席表


(出典:大阪国際会議場メインホールの座席表

  • グランキューブ大阪(メインホール)の基本情報
なんと二会場目は東京国際フォーラムよりさらに小さいホールでした。

こちらもアリーナ席などないので公式サイトで確認することで自分の
座席が確認できますね。

まずは大阪国際会議場のチケットにある座席番号を確認しましょう。



 ◯階 △列 □番
と書いてあるはずです。

○階の部分は1階か2階ですね。

△列の部分はアルファベット表記です。

上の画像で紹介した通り1階最前列がAaで、2階最前列がEk列となります。

2階の方が横幅が広く、1階が左から1番~44番まで、
2階が左から1番~54番まであります。

大阪国際会議場の座席は上に突き抜けていくような形を
しています。

そのため2階の最前列からでもメインステージは結構下の方に
見えますね。

2階の最前列が1階のBa列よりも少し後方から始まるため、
2階最後列からの見え方はかなり遠そうです。

2階の前列からの見え方が分かる画像がこちらです。



(出典:littlebigパパの気分は最高!?

さて、今回の記事で紹介する最後が横浜アリーナです。

さすがにこちらではアリーナ席が設けられるでしょう。

横浜アリーナの座席表


(出典:横浜アリーナ座席表 livehis

三会場目となる横浜アリーナからキャパが一気に広がります。

約3倍以上ですよね。

まずは大横浜アリーナのチケットにある座席番号を確認しましょう。

と思ったらまだ横浜アリーナの座席番号は発表されていないようですね。

通常通りであれば

〇扉□席△列◎番

と書かれるはずです。

これだけではセンター席、アリーナ席、ボックス席、スタンド席、
立見スペースの5種類と階から4階までの座席がある横浜アリーナ
の座席表はわからないですよね。

やっと調べがいのある座席表となってきました(笑)。

一般にアリーナ席と呼ばれるところが横浜アリーナの場合、
センター席となります。

ライブによってセンター席の作りは変わってきますが、
ステージを見て右手から1番→54番。

列数は63列ほど用意されるのが一般的です。


(画像出典:livehis


センター席の周囲を取り囲んでいる横浜アリーナでのアリーナ席
2階スタンド席かと思いきや、ほとんどセンター席と段差がありません。

つまり、ステージ近くのアリーナ席前方はほぼセンター席と差はない
ということですね。

アリーナDの前列39~50番あたり、アリーナAの前列の16番~27番あたり
神席と思ってもらっていいでしょう。

アリーナ席の列ごとに1段1段登って行き、スタンド席というのが2階になります。

アリーナ席とスタンド席の間、つまりアリーナ席の縁の部分が立ち見席になります。

ボックス席は南スタンドと西スタンドの中間にある部分なのですが、
ここは一般には開放されないそうです。

横浜アリーナの各座席からの見え方などに関しては上の画像の紹介元
であるlivehisさんのブログを参考にされてください。

以上です。

それではハイフンのみさなん、新生KAT-TUNの新たな門出を
大いに盛り上げて来て下さいね!!

今から参戦の準備をされる方はこちらもご参考。

格安チケットサイトまとめ

ツイートする
スポンサードリンク

必見!ライブ費用のキャッシュバックを得る裏ワザ

私も下記の裏ワザで7万円以上貯めることができました(^^)v


ライブの参加費用のキャッシュバックを得る裏ワザ

↑詳しくはこちらをタップ↑

スポンサーサイト

ツイートする
 
TOP